わたしたちの仲間を紹介します。

ベルテクネ株式会社は創業100周年を越えました。みんなはこの先の100年も発展していくための同志です。スキルアップを目指し、今まで出来なかったことが出来るようになる。そうすることでより魅力的になり、より自分に自信を持てる。より貴重な時間やコストを節約できるようになり、より楽しい時間を過ごすことが可能となる。そうやって満足してくれた結果、皆が笑顔になってくれる。私達は、そのきっかけを作る事をコミットし続ける事で、社員と地域の幸せに貢献していきたいと考えています。

誰にも負けない技術者をめざして

HIDETO TANAKA

金属加工事業部 プレス部門田中 秀人

ベルテクネ株式会社を選んだ理由は?

私は2016年に中途採用でベルテクネ株式会社に入社しました。
私は高校を卒業してすぐに地元の熊本で就職し2年間ほど働いていましたが、自立して県外へ出てみたいと思い他の県で仕事を探し始めました。
色々な求人がある中でベルテクネ株式会社を選んだ理由は、会社のホームページを調べてみて100年以上の歴史を持つ会社であること、水産機械の開発など様々な事に取り組んでいることがわかり、更に経営方針や経営理念が社員重視の考え方で社員を大切にするために色々なことに取り組んでいるのでとても働きやすそうな会社だなと思ったからです。実際に入社してみると色々な製品を加工して世の中の役に立っていることがわかり働きがいがあると感じています。

こんなキャリアを築きたい

私は沢山の製品加工の技術を学び、誰にも負けない技術者になりたいと思っています。
会社では国家資格等の取得で会社が受講代を負担してくれたり、合格した先輩社員が指導してくれたりと色々なサポートを受けることができます。希望すればどんな資格にも挑戦できるのでまずは機械板金技術者の1級資格を取得して先輩たちと同等の加工技術を身につけて行きたいです。
日々の仕事では本当に色々な製品の加工依頼が来るのでその度に難しい図面や曲げ加工に直面しますが、先輩方から丁寧に仕事を教えてもらえるので毎日少しずつ成長していることが実感できます。今後後輩が入ってきた時は自分が教える側になるので今のうちに多種多様な仕事に対応できる技術を磨いていつ教える側になっても良いように頑張りたいと思います。

仕事でこころがけていること

私が仕事をする上で心がけていることは「確認」と「理解」の2つです。
ベルテクネ株式会社では日々多くの製品を加工していますが、少しでも「確認」を怠るとすぐに作業ミスが生じてしまいます。金属の加工はやり直しが非常に困難で、それまでの99%の作業が正しく行われていても最後の加工で曲げ方向を逆にしてしまったり曲げ位置を間違ったりするだけで製品として認められません。そういった事態を起こさないためにも確認を徹底して間違った作業をしないことが重要だと思っています。
また、作業内容の確認以外にも安全に関する確認も重要です。金属の加工では重量のある鉄板も使用しますし事故がおこると大変です。怪我や事故を防ぐためにも自分の行動に問題がないか常に確認して作業を行うことは重要だと思っています。
2つ目の「理解」ですが、単純に作業方法だけ覚えても「なぜそうなるのか」「どうしてそうしないといけないのか」を理解していないと応用も効かず、思いもしなかったところで失敗してしまいます。入社当初、私はメモを取って仕事を覚えていましたがメモを見て作業手順を覚えるだけでは失敗することが多々ありました。今ではメモを取るだけでなく、その作業の理由や意味を理解することで失敗を減らすことを心掛けています。

職場の雰囲気について教えて下さい

この会社は本当に元気で活気の溢れる職場です。
私は入社して1年になりますが、配属されたプレス部門は金属を加工して製品を製作する部門で今まで経験したことの無い職場でした。最初は緊張していましたが、上司、先輩方は皆とても優しく気さくに話しかけてくれます。また、仕事中にわからないことがあっても丁寧に教えてくれました。年齢層は幅広く色々な方がいますが、皆さんとても明るくユーモアがあり休憩時間の時など笑いが絶えません。他部署の人も仕事で関わった際に明るくコミュニケーションを取ってもらえるので、入社当時の緊張はなく今ではすっかり会社に馴染んでいます。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
Copyright 2018 ベルテクネ株式会社 リクルートサイト